菱田香プロフィール

お医者さんに相談する前の赤ちゃんやお母さんの身近な悩みを解決する
ホーム・ホメオパシー Mother&Baby
菱田 香

助産師
日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)認定ホメオパス No.997
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー6期卒業
日本ホメオパシーセンター岐阜神戸センター長

自己紹介

1966年生まれ ふたご座 A型
岐阜県安八郡在住

高校卒業後:人間のことをもっと知りたいと思い、看護を学ぶ
20~30代:助産師として病院で働く
     結婚 助産院で出産 2人の娘の子育て
     予防接種に疑問を持ちながらも他に選択肢がなく、受けさせる
     休みの日は庭で植物を育てたり、棚田で農作業をして過ごす
40代:娘のシュタイナー学校の保護者からホメオパシーを教えてもらう
   →ホメオパシーの専門校で学ぶ
50代:ホメオパスになる→健康相談、勉強会開催
   ホーム・ホメオパシー・インストラクターとして活動する

趣味・好きなこと
庭仕事 読書 ジョギング ラジオの人生相談を聞くこと ハモって歌うこと 

 

30代のころPMSがひどく、イライラしすぎて人間関係がうまくいかず、家族にも迷惑をかけ悩んでいました。

そして、劣等感が強くて自分を出せない、精神的にも不安定な自分が嫌いで仕方がありませんでした。変われるものなら変わりたいと思っていました。

そんな中、シュタイナー教育に興味を持っていた私は、次女と一緒に北海道に移住し、次女をシュタイナー学校に通わせることになりました。そしてその学校の保護者の大半が使用していたホメオパシーという代替療法に出会いました。

精神的なことにも使えるところに興味を持ち、これで私も変われるのではないかと思い、ホメオパシーの専門校で学ぶことにしました。

実際に、胃の痛みや風邪などにホメオパシーを使ってみて、その作用の素晴らしさに感動しました。また、現代医学との考え方の違いに驚くとともに、本質的な医療はこれだ!と思いました。

自分で治ろうとする力があるのに不必要なものを入れ、自己治癒力を抑圧した結果、肉体的にも精神的なところにも影響が出てくるのだとわかりました。

精神的なことはある程度時間がかかりますが、精神的なことに対するレメディーをとったり、水銀の影響を排出していきました。おかげで今は感情のコントロールがしやすくなり、自己肯定感も少しは持てるようになりました。自分のことが嫌いで仕方がなかったことを思うと、今は自分のことを許せる気持ちになっています。

また、ホメオパスとして相談を受けるなかで、子どもさんのアトピーやアレルギーが多いのがとても気になっています。

食生活を変えるだけではなかなか進んでいかないとき、ホメオパシーでデトックスしていくとよくなっていくことが少なくありません。

ホメオパシーでは過去につかってきたお薬や環境汚染によるものの影響を排出していくことができるのです。

副作用がなく、安心安全なホメオパシーはもっと世の中に知られていくべきだ思います。現在は、子育て中のお母さんやご家族の健康管理にホメオパシーを役立ていただけるよう活動しています。



 

 


 
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com