ぶっちゃけ!男の先生にはわかんないんだよな〜

お医者さんに相談する前の
家族の身近な悩みを解決する
ホーム・ホメオパシー®

インストラクターの
菱田です。

スクリーンショット 2021-08-30 20.05.08.png

 

女性の方、
産婦人科の診察って受けたことありますか?

 

私は5年ぐらい
産婦人科の外来にも勤務していたので

外来での悲喜こもごもをも
経験しております。

 

外来では
お医者さんがスムーズに診察できるように
患者さんにもお待たせしないように
心がけて行ってきました。

 

産婦人科の外来では
一般的に

まずお医者さんと診察室で話をして
診察を受けて

 

さらに必要があれば
内診というものがあります。

 

「じゃあ次は内診です。」
ということで内診室へ行って

 

下着を脱いで内診台に座ると
台がガーっと 動いて
内診の体勢にしてくれます。

 

昔の旧式の内診台は
自分でよいしょと台に上って

 

自分で寝転んで足をかけて
というものでした。

 

なので、お年寄りとか
体が不自由な方とか
妊婦さんなんかは
ちょっと大変だったんですよね。

今は内診台も色々改良されて
進化していますので
楽に乗り降りできるようになっています。

1057926.jpg

だけれども、そうは言っても
内診台に乗るのって

結構緊張するし
恥ずかしいじゃないですか 。

 

 

診てもらわないといけない時は
仕方がないけれども

 

できれば避けたい!

早く終わって欲しい!

早く降りたい!

 

そんな女性の心理
女性なら分かりますよね。

 

ある病院で
男性のお医者さんで
とっても話が長い先生がいらっしゃったんです。

2538970.jpg

私たちは待ち時間を少なくするために

一人の患者さんに
内診台に上がってもらっている間に

診察室には別の患者さんをお呼びして
効率よく回していく こともあるんです。

 

結果を聞きに来ただけの人とか
短時間で済みそうな人は
そんな時にお呼びします。

 

ですがその先生は自分の喋りたいスイッチが入ると
止まらないんですよ。

 

内診の人の準備ができて
「先生、内診お願いします。」

 

と呼んでもすぐ来ない。

 

「先生、内診です!」

 

「内診です!!」

 

だんだん 声を大きくして
2〜3回呼んでやっと来る

 

そんなやり取りを何回したことか・・・。

 

もう本当に「お待たせしてごめんなさい」でした!

 

それ以外はユニークないい先生だったんですけど
そこだけ本当に気をつけてほしかったです。

 

最近は、先生達も
患者さんに気を使うようになったので

そんなお待たせするような先生は
どこの病院でもほとんどいないと思います。

 

女性の先生で
内診は「一秒たりともお待たせしない」信念
でやっている先生もいらっしゃいました。

 

先生によっても色々ですね。

 

私たちは
今はホメオパシーを知っているので

 

そもそも

緊張して内診台に上がる回数を

減らすことができます。

 

何か不正出血とか異常な痛みとかで
ご心配な時は診てもらう必要がありますが

 

そこまでの問題ではない場合

 

例えば
女性の方からのご相談で

「デリケートゾーンの痒み」

というお悩みをお持ちの方が
いらっしゃいます。

スクリーンショット 2021-09-10 9.28.21.png

こんな場合は
まずホメオパシーで
やってみたらいいんじゃないかなと思います。

 

市販薬もあるけれど
症状を抑えるだけなので

 

一時的には治ったように思えても
また塗らないと繰り返します。

 

なので、こんな時は

まずホメオパシーで

自分の力で
根本的に何とかできたら

すごく助かりますよね。

 

受講生さんで

「デリケートゾーンのかゆみが

ずいぶん調子が良くて助かっています」

 

とご感想を教えてくださった方もいらっしゃいます。

 

内診台に乗らなくてもいい

 

ホーム・ホメオパシー的対処法で
すっきりしませんか?

 

 

新型コロナの対策セミナー
9月17日21:00~21:45

受付は9月13日です。
もうしばらくお待ち下さいね。

 

 


 
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com