「マヤズム」を知ると、ホメオパシーはもっとオモシロイ!

今日は受講生さんたちに

「マヤズム」について講座をしました。

 

マヤズムって
聞きなれない言葉だと思いますが

 

それもそのはずです。

 

これはホメオパシーの創始者
ハーネマンさんが作った言葉なんです。

 

ハーネマンさんは
はじめ、自分たちが研究をして

 

「これはこういう時に使えるぞ!」
ってわかったレメディーを使って

 

どんどん患者さんたちを
治療していったのです。

 

だけれども
その患者さん達の中で

 

いったん症状が良くなっても

 

しばらくすると

また再発してくる人がいる

 

ということで悩んでいたんです。

 

「なんでだろう?」と思って

 

患者さんをよく観察したり

 

症状の特徴をいろいろと研究していったところ

 

 

病気の根底には

 

”何かある”

 

と気が付いたんです。

 

 

で、

 

その”何か”というのは

 

・その人が先祖から受け継いでいる遺伝的な病気の傾向

・持って生まれた体質

・病気のかかりやすさ

 

などのことだとわかったんです。

 

 

人間全員、誰でもが
こういうものがある、と気が付いたんですね。

 

確かに、現代でも
家系的に受け継いでいるものって
あると思いませんか?

 

スクリーンショット 2022-04-04 18.54.15.png

なので、今出している症状の

 

”根底にあるもの”

 

もっと奥深いところ、も治療していかないと

根本的な治療にならないよ

 

ということで

ハーネマンさんはそこまで考えて
患者さんの治療をしていったんですね。

スクリーンショット 2022-04-04 18.55.47.png

 

ハーネマンさんの考え出した
このマヤズム理論は独特ですが

 

本当にそれをもとにやっていくと
根本からよくなっていくんですね。

 

そんな奥深い理論が
200年前に考え出されていて

 

そしてそれが
現代でも、慢性病に対して

 

ホメオパシーでやっていく時に
なくてはならないものとなっています。

 

本当にホメオパシーって
奥が深くて面白いんですよ(^^)/

 

 

 

 


 
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com